スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三つ石富来元宮

富来港の近くの海岸に富来神社(八坂社)の元宮があります。

三つ石富来元宮


三つ石富来元宮の御由緒
 村上天皇の天徳三年(959)正月、常陸国石井大明神の祢宣式部大夫岡仁兵衛政弘、聖武天皇の勅願社なる播磨国広峯神社(牛頭天王)に、宿願のことあって参籠、満願の暁、神託あり。「朕、分身して西海に遊ばんと欲す。汝、速やかに小舟を造り、朕が容貌を載せて海上に浮かべ、供奉すべし。その舟の止まる処にて、庶民守護の地を卜せん」。政弘夢の如く、覚めて奇遇の心を生じ、恐懼して御神勅の如くす。海は静かに、舟は西を指して飛ぶが如くに馳せ、やがて着いたのが、豊後国は国東郡富来浦三つ石。
 そこで政弘は、とも綱をつなぎ、村人に事の由を告げたところ、郷中(富来・富来浦・浜崎・堅来・深江・大恩寺の六か村)の庶民、ことごとくみな、渇仰してこれを迎え、今の磯の神(磯の御膳ともいう)で神饌を供え、一時、富来丸山に鎮座坐しまし、同年11月社殿成り、現社地に奉遷す。

なんだか亀のようなので、「亀石」とも呼ばれているようで、足利尊氏が九州へ逃れてきた際、船をつなぎ止めたところともいわれております。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

deefish

Author:deefish
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。